副腎疲労の治療記録(サプリメント・漢方薬)

2020年5月28日

この記事では、副腎疲労の改善のために2015年後半~現在まで摂取してきたサプリメントや漢方薬を紹介します。

個人の体験なので、これらのサプリメントが他の方に良いかは症状によると思います。参考にお読み下さい。

■ 治療経過は下記に記載しました

スポンサーリンク

1. インターネットで購入したサプリメント

まずは自分でネット通販で買ったサプリメントを紹介します。

1.1 ミヤリサン

副腎疲労の症状を自覚した初期の頃、個人のブログで知りアマゾンで購入しました。(その後、自費診療の病院でもミヤBMとして処方された)

ミヤリサンは腸内環境を整える効果があるということで、本に"副腎疲労は腸の炎症が関連している"とあったので買いました。

小さな錠剤で摂取のしにくさは特にありません。1日3回食後に服用。

■摂取したらどうなったか

便秘気味だったのがお通じが少し良くなり、下しにくくなりました。お腹を壊すたびに気力ダウンしていたので、これは助かりました。

その後も断続的に服用していますが、やはり服用するとお腹を下しにくくなります。

はじめて服用した翌日、こめかみあたりに頭痛がして(悪い菌が死んで血液中を回っているのか?と思いました)、

また不思議なことに、寝る時履いていた冷え取りの絹靴下(おろしたて)の足裏に1晩で穴が開きました(副腎のあたりに)。毒素が出たのか?

※アマゾンのレビューもプラスのコメントが多く人気のようです。薬局でも取り扱いがあり胃腸薬の棚に置いてあります。

1.2 ビタミンB12(Source Naturals)2000mcg 100錠

価格:771円/100 錠

こちらは、症状を自覚してから半年後に受けた “有機酸検査"の結果の栄養素アドバイスに基づき購入。

いろいろなブログに、"サプリメントの購入はアメリカのサプリメント通販「i-herb」を利用している" とあったので、私もiherbを利用することにしました。

アメリカは日本よりサプリメント文化が発達しているので(皆保険がないので自分で予防する意識が高い)、たとえ輸入でもアメリカのものの方が質も高く価格もお手頃な傾向みたいです。

値段は為替レートの影響で変動、個人輸入のため受け取りまで数日かかります。

■摂取したらどうなったか

1週間弱で、うつっぽい(いらいら・被害妄想的)考えが収まり、また、数年間弱っていた嗅覚が少し復活した感じがしました。

同時に購入したビオチンとの摂取開始時期をずらしていたので、ビタミンB12のおかげだと思います。

(3年以上前のことなので感想は忘れてたのですが、商品レビューにコメントを残していました。)

よく、テレビなどで摂取した方が良い栄養素を耳にしたりしますが、自分の栄養状態を何らかの検査で詳しく知って、本当に必要な栄養素を取るのは良いことなんだろうな、と思いました。

(まあその前に腸の状態の改善が必要という考えではありますが)

ちなみにビタミンB12は、普通に街のドラッグストアで売ってます。私もその後、ネイチャーメイドのものを買ったり、ドクターサプリUSAという通販で買ったりしています。

1.3 ビオチン(Now Foods)5000mcg 120錠

価格:1016円/120錠

こちらも有機酸検査の結果の栄養素アドバイスに基づきi-herbで購入しました。

※ビタミンB12,ビオチンとも、他の人のブログでよく登場する品質がよさそうなメーカーのものを購入しました。

ビオチンはビタミンB群の一種です。胃腸炎などで腸管からの吸収がされないことでも欠乏するようです。

アメリカンサイズの大き目カプセルが少々飲みにくいですが、味がまずいとかはなかったです。

■摂取したらどうなったか

当時梅雨時で手足に湿疹・水泡が出ていてバリバリ掻いていたのですが、それが消えてかゆみが収まりました

※国内メーカーではDHCがビオチンサプリを販売しているようですが、その他は海外のものが多いようです。"ビタミンBミックス"のようなビタミンB群サプリにビオチンが含まれているものもあるようです。

iherb通販で初めて商品購入する際、こちら からアクセスするか、下記6ケタの紹介コードを入力すると、購入金額から10%のオフを受けられます。 

紹介コード:DDP216

1.4 アドレナルリビルダー

価格:約12000円/150錠

こちらは、治療後半の2018年春から摂り始め、現在まで2年以上継続して摂っています。(1日2,3錠→現在は1錠)

もともと、病院から “アドレノゲン" というサプリを処方されていたのですが、通院をやめ入手出来なくなったので、代替としてこの「アドレナルリビルダー」を買うようになりました。

副腎疲労の主症状である疲労感を軽減するために摂っています。

ネットで見つけた「ドクターサプリUSA」というアメリカのサプリメント通販で購入しています。このサイトは現地に住む日本人の専門家の方が運営監修しています。

個人輸入なので注文から受け取りまで4~6日位かかります。

■摂取したらどうなったか

このサプリに切り替えても、しんどい症状が出ることがなく効いていると感じます。(困っていた症状である、朝から疲れていてだるい、めまい、病的なストレス耐性のなさ、は再発していない)

※念のため販売元にステロイドが入ってないか問い合わせたところ、「残留ホルモンは除去しているのでステロイドの影響はない、長期的に摂取しても問題ありません」とのことでした。

その後保険診療の病院に通い始め、摂取しているサプリとして先生に見せたところ、「FDA表記がないね」とは言われました。(アメリカ食品医薬品局のお墨付きのあるサプリではないということ)

→商品説明サイト

2. 自由診療の病院で処方されたサプリメント

次に、大阪の自由診療の病院から購入していたサプリメントです。

その病院には1年半近くかかっていて(東京在住なのでメール・電話での遠隔治療)、2週間に1回メールで先生に症状を伝え、症状に合わせ沢山の種類のサプリメントを処方されました。(常に4~5種類くらい)

海外製のもの中心で、価格は一瓶3000円~6000円前後と高めなので、毎月サプリメント代だけで2~3万円位が飛んで家計が大変でした。

1瓶は、ものによりますが1~2か月持ちます。

(医師処方専用のサプリメントもあり、それらは一般の人は購入できません)

2.1 アドレノゲン

副腎機能が働くために必要な栄養素を補助するサプリメントです。→商品説明サイト

病院にかかって一番はじめに飲み始めたサプリメントで、はじめ1日3錠~徐々に5錠まで増やして摂取しました。

■摂取したらどうなったか

てきめんに効果が現れました。

2週間~1か月経たないうちに起床時のだるさがなくなり、気分的に少し明るくなり、週末朝から近所のスーパーに買い物に行けるようになりました。(それまではちょっとした用事でさえ、朝活動する気力がなくありませんでした。余談ですが、’16都知事選の投票に、エネルギーがなくとうとう行けなかったのが印象的なできごとです。)

2~3か月後くらいには、昼過ぎの猛烈な眠気が無くなりました。

ただ、4か月経った頃、具合が良くなってきたので少しずつアドレノゲン摂取を減らすよう先生に言われるも、減らした後2週間後くらいには、しんどさとめまいが再発したので元の摂取量に戻しました。

また、治療から5か月経った頃にも、エネルギーが足りず金曜に会社を休んでしまったり、数日摂取をやめてみるとしんどさが出たりしたので、結局1年半摂取し続けました。(最後の時期には1日3錠位)

病院にかかるのをやめた後は、前項のアドレナルリビルダーに切り替えました。

2.2 DHEA(Pure社)

男性ホルモンや女性ホルモンの前駆体で、更年期の治療にも使われるものです。商品説明サイト

アドレノゲンを取り始めた1か月位後から服用を開始。私の場合副腎疲労の程度が強いので、DHEAも摂取した方が良いとの先生の指示で摂取しました。

■摂取したらどうなったか

アドレノゲンのみを摂っている時より、より元気になる感じはありました。(にぶくなっていた異性へのときめきみたいのがちょっと復活したりも。)

また、治療開始から4か月経って、摂取量を25gから10gに減らすよう言われ、徐々に摂取をやめましたが、離脱のつらさは特に感じませんでした。

※私が服用していたころは個人輸入も可能でしたが、いまは規制で個人での購入は出来なくなったようです。

2.3 グルタジェニックス

価格:6372円/1箱

グルタミンやアロエなどを含んだ粉末状サプリメント。胃腸壁の維持改善(リーキーガット修復)を助け、消化を良くして免疫力維持と体調改善に。

フードアレルギー検査の結果を受け、腸内環境を整える治療のために摂取しました。

2.4 プロバイオ5 Probiotic5 Pure社

価格:6480円/1瓶

腸内環境を整えるための善玉菌サプリメント。傷んだ腸管粘膜が修復されたりする。1カプセルで100億個の善玉菌を含むそうです。→商品説明サイト

こちらもアドレノゲンを取り始めた一か月後位から摂取開始した。(下痢をしやすいことと、フードアレルギー検査の結果を受け、腸内環境を整える治療のため)

摂り始めてからお通じが少し良くなりました。

2.5 ネオバイオファイバーS

価格:5400円/1箱

こちらも腸内環境を整える系のサプリメントです。胃酸に強い乳酸菌を配合。腸内環境の改善が期待できる

2.6 ビタミンB

治療4か月後に摂取開始。

代謝プロファイル検査でビタミンBの欠乏があり、腸内環境が整いそろそろ吸収できる時期だというタイミングで摂取開始。

2.7 MVM-A

価格:3780円

多種類のビタミンとミネラル、葉酸などを調合したサプリメント。→商品掲載サイト

たしかキレーションをした時に、キレーションで必要な栄養も流れるのでそれを補充するためにと摂った記憶です。

2.8 ミヤBM

ミヤリサンと同じです。カンジダ菌の除菌の準備として2017年2月~服用。(翌日にやや頭痛あり)

3. 保険診療の病院で処方された漢方薬

治療の後半、都内の保険診療の病院で1年ほど、以下の2種類の漢方薬を処方されていました。自分で購入しているアドレナルリビルダーも並行して服用して良いとのことでしたのでそちらも摂取しながら漢方薬も摂っていました。

生理前の二週間は加味逍遙散、生理開始後2週間は人参養栄湯、というサイクルです。

3.1 加味逍遙散(ツムラ)

効能効果:炎症を取り除き気分を落ち着かせる効果などがある

→商品説明サイト

3.2 人参養栄湯(クラシエ)

効能効果:病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、冷え、貧血

→商品説明サイト

これらのものを摂取しはじめて、劇的に更に症状が良くなった!という感じではなかったですが、摂取をやめた後、胃もたれなどが再発したので、やはり効いていたのかなと思います。

追記:通院をやめて薬が無くなった後、上記の2つの漢方薬を自分で薬局で買おうと思いましたがやたら値段が高かったので、結局買っていません。

特殊な薬ではなく漢方を処方してくれる病院ならどこでも処方してくれるものだと思うので、病院に行って処方してもらう方が3割負担で済んで良いと思います。

まとめ

記載したサプリメントや漢方薬の摂取以外に、キレーションやカンジダ菌の除去(除去するナイスタチンという錠剤を取る)、食生活気をつけるなどをしてきて、当初より元気になることができました。少なくとも、夕方まで辛くて動く気力がないようなことはゼロになりましたので、それはハッピーです。

サプリメントが合わず具合が悪くなるようなこともなく、基本的に体調が上向いて行ったので、いろいろ取ってみて良かったと思っています

ただ、やはり金がかかりすぎるのと、今日現在でもいくつかのサプリは摂取し続けていて、完全に良くなってないのが今後の課題です。

(一度"アドレナルリビルダー"をやめてみたところ、4,5日後に日中の眠気と不機嫌さが少し復活したので、また摂取を再開したりしています)